配列に存在するかを判断する( indexOf , includes )

indexOf()を使った確認方法

indexOf():
存在する場合には引数の順番を返す。
存在しない場合には’-1’を返す。

let array = ['soccer', 'baseball', 'volleyball', 'tennis'];

//存在するか確認する場合
if(array.indexOf('baseball') >= 0) {
    //存在するので実行
}

//存在しないか確認する場合
if(array.indexOf('swwiming') === -1) {
    //存在しないので実行
}

includes()を使った確認方法

includes():
存在する場合にはtrueを返す。
存在しない場合にはfalseを返す。

let array = ['soccer', 'baseball', 'volleyball', 'tennis'];

//存在するか確認する場合
if(array.includes('baseball')) {
    //存在するので実行
}

//存在しないか確認する場合
if(!array.indexOf('swwiming')) {
    //存在しないので実行
}

今より業務を改善しませんか?

CTA-IMAGE 日々の業務をよく見ると、システムで自動もしくは極端に時間短縮できる業務があることに気づくかもしれません。 そんな時、そのままルーティンで続けるのか、少しずつでも改善していくのかで、今後の時間の使い方が大きく変わります。 「何をしたらいいのかわからないけどどうにかしたい」、もしくは、「こう改善したい」という思いをご相談ください。