indexOf()を使った確認方法

indexOf():
存在する場合には引数の順番を返す。
存在しない場合には’-1’を返す。

let array = ['soccer', 'baseball', 'volleyball', 'tennis'];

//存在するか確認する場合
if(array.indexOf('baseball') >= 0) {
    //存在するので実行
}

//存在しないか確認する場合
if(array.indexOf('swwiming') === -1) {
    //存在しないので実行
}

includes()を使った確認方法

includes():
存在する場合にはtrueを返す。
存在しない場合にはfalseを返す。

let array = ['soccer', 'baseball', 'volleyball', 'tennis'];

//存在するか確認する場合
if(array.includes('baseball')) {
    //存在するので実行
}

//存在しないか確認する場合
if(!array.indexOf('swwiming')) {
    //存在しないので実行
}

おすすめ記事