• ここでは「Maps JavaScript API」と「Geocoding API」を有効にする方法を記載します。

1. Google Cloud Platform で無料トライアルに登録
スクリーンショット 2019-04-11 22.09.13.png

2. 国を選択し、利用規約にチェック。「同意して続行」をクリック。
スクリーンショット 2019-04-11 22.07.58.png

3. アカウントの種類、名前と住所、お支払い方法を入力し、無料トライアルを開始。
4. 「プロジェクトの選択」をクリックし、「新しいプロジェクト」をクリック。
スクリーンショット 2019-04-11 22.27.24.png

5. プロジェクト名を適当に入力し、「作成」をクリック。
スクリーンショット 2019-04-11 22.28.04.png
6. ヘッダーの検索窓で「Maps JavaScript API」と検索し、「有効にする」をクリック。
スクリーンショット 2019-04-11 22.29.33.png
7. 再度、ヘッダーの検索窓で「Geocoding API」と検索し、「有効にする」をクリック。
スクリーンショット 2019-04-11 22.30.04.png
8. 「←」をクリックしてAPIライブラリに有効なAPIとして表示されればOK。
スクリーンショット 2019-04-11 22.30.51.png
スクリーンショット 2019-04-11 22.31.24.png

9. メニューの、「APIとサービス」から「認証情報」をクリック。
スクリーンショット 2019-04-11 22.33.45.png
10. 「認証情報を作成」から「APIキー」をクリック。
スクリーンショット 2019-04-11 22.35.06.png
11. 「自分のAPIキー」をコピーし、「キーを制限」をクリック。
この「自分のAPIキー」を地図表示プラグインキーの「Maps JavaScript APIキー:」に入力してください。
スクリーンショット 2019-04-11 22.36.04.png

12. 「名前」を適用に入力し、「HTTPリファラー(ウェブサイト)を選択、URLに「https://<<ドメイン>>」を入力。
<<ドメイン>>の部分はお客様のドメインを入力してください。(例:seseragi.cybozu.com)

スクリーンショット 2019-04-11 22.39.41.png

13. 「保存」をクリックして完了

補足

Google Maps Platform
料金詳細についてはこちらをご覧ください。
お客様の料金詳細はGoogle Cloud Platformのダッシュボードでご確認いただけます。

おすすめ記事